スムーズにパスポートを手に入れるために気を付けておきたいこととは!

パスポートはすぐに発行されない!?

卒業旅行などで、憧れの海外旅行へ行きたいとお思いの人もいるのではないでしょうか。海外に行くために必要なのがパスポートです。パスポートは書類に不備がなくても作成には最低6日かかりますので、旅行ぎりぎりにならないよう余裕を持って作っておいてください。さらにパスポート作成に必要な書類には色々あるため、そういった意味でも早め早めに動くことが大切です。

申請に必要な書類を確認しよう!

市役所などで申請する必要のある書類には、一般旅券発行申請書や戸籍抄本もしくは戸籍謄本、住民基本台帳に登録していないときにのみ必要な住民票があります。ここで注意してほしいのが戸籍抄本・戸籍謄本の発行で、これは本籍地がある市・区の役所もしくはその出張所でしか発行できないという点です。成人して結婚した後でも、本籍地の変更手続きをしていないという場合には、親と同じ本籍地になっている可能性が高いため、念のため確認しておきましょう。他には縦45ミリ・横35ミリで過去6か月以内に撮影された写真・運転免許証などの本人確認書類と印鑑なども必要になります。

申請時に特に気を付けておきたいこと!

申請時に注意してほしい点が、パスポートセンターは混雑していることが多いという点です。申請するのは代理人でも可能ですが、受け取りは必ず本人が行かなければなりません。月でみると3月や6月など長期休みの前の時期、時間帯でみると昼11時過ぎから混雑し始め、17時〜18時ごろにピークを迎えます。出来ることならこの時期や時間帯を避けて受け取りに行きましょう。他にも申請時のローマ字表記を間違えてしまうと、飛行機に乗ることができない可能性があります。提出前に自分だけでなく、他の人にも確認してもらうと確実です。

アドドドヴェンチャーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です