明治維新の街!萩市!当時の雰囲気を味わえる観光地の紹介!

白壁の街!萩城下町!

明治維新の始まりの地と呼ばれる萩市は、観光地としても映画の撮影地としても人気があります。萩市では歴史上の有名人である、高杉晋作や吉田松陰などを排出しており、彼らの育った町並みが今でも残っています。そのため、歴史が好きな方に人気の観光地です。萩市は城下町です。城下町の名残として、闘いのために使われていた細い路地や白壁があります。この城下町には、古民家を改装したカフェや、萩市の名産である萩焼きを販売するお店などもあります。また国指定重要文化財にも指定されている、菊屋家住宅の見学をすることもできます。当時の建物の雰囲気を楽しんだり、古い書籍や明治時代の生活がわかる資料を見たりできますし、紅葉の時期には奥庭が公開してありますので、綺麗な景色を楽しむこともできます。

維新の志士が学んだ場所!

萩市の観光地の中でも特に人気なのが松陰神社です。ここでは、松下村塾で維新の志士たちの教育を行った吉田松陰が祭られています。当時の建物が残っていますので、当時の学習環境を知ることもできます。

萩藩校明倫館!高杉晋作が学んだ場所!

萩市の三角州内には、明倫館という高杉晋作らが学んだ萩藩校があります。ここでは、当時使われていた武道場が残っています。土佐藩の坂本龍馬も、この道場で試合をしていたと言われています。また、敷地内には昭和10年から2014年まで使われていた木造建築の小学校校舎が残っています。この校舎は、実際に建物の中に入って見学をすることもできますし、中のカフェスペースで萩の名産品を食べることも可能です。

アドドドヴェンチャーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です