雪国東北の冬の楽しみ!雪景色が楽しめるおすすめ温泉地3選

鳴子温泉郷(宮城県大崎市)

宮城県大崎市にある鳴子・東鳴子・川渡・中山平・鬼首の5つの温泉の総称が鳴子温泉郷です。東北の中でも特に人気の温泉地の1つです。国内にある11種の源泉のうち、9種が流れており、源泉数は370以上にものぼります。新緑や紅葉など四季折々の自然を愛でながら温泉を楽しめることや、旅情あふれる温泉街なども人気のポイントです。冬は美しい雪景色を眺めつつ温泉に浸かれる露天風呂が数多くあります。新幹線から少ない乗り換えで訪れることができ、冬場のアクセスも良好です。

乳頭温泉郷(秋田県仙北市)

秋田県仙北市にある乳頭温泉郷は、7つの温泉宿から構成される温泉郷です。郷内の登山道近くには野湯も存在します。湯治場としても全国的に有名です。こちらの温泉郷の人気の大きな理由は、何といってもあふれる秘湯感にあります。山々や木々に囲まれ、ひっそり佇む湯宿で浸かる温泉は、日常の喧騒を忘れさせてくれるような極上の癒しが味わえます。冬季開業している宿はすべて露天風呂があり、幻想的な雰囲気の中で雪見風呂を楽しむことができます。

銀山温泉(山形県尾花沢市)

山形県尾花沢市にある銀山温泉は、ノスタルジックな温泉街で人気の高い温泉地です。木造の旅館が立ち並ぶ様や、風情ただよう橋、幻想的な灯りをともすガス灯など、大正ロマンたっぷりの景色を楽しむことができます。旅行の際は、古き良き雰囲気を漂わせる街並みを眺めながら、浴衣姿でぶらりと散策してみてください。雪景色によってさらに情緒が増す冬場に訪れるのがおすすめです。

アドドドヴェンチャーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です